top of page
検索

長期収載品の選定療養の実施について

~2024年10月から一部先発品を希望した場合に自己負担が発生します~


2024年10月より長期収載品の選定療養の仕組みが導入されます。この仕組みは、後発医薬品の上市後5年以上経過したもの又は後発医薬品の置換率が 50%以上となったものを対象に、該当先発医薬品と後発医薬品の最高価格帯との価格差の4分の3までを保険給付の対象とするものです。そのため、残り4分の1(+消費税)が選定療養費負担割合となり、患者様に自己負担が発生いたします


この制度は、創薬力強化に向けて、革新的な医薬品、医療機器、再生医療等製品の開発強化、研究開発型のビジネスモデルへの転換促進等を行うため、保険収載時を始めとするイノベーションの適切な評価などの更なる薬価上の措置等を推進し、また後発医薬品企業の産業構造の転換を促し、安定供給の課題を解消することを趣旨とし、医療保険財政の中で、こうしたイノベーション推進と安定供給確保を実現するため、長期収載品等の自己負担の在り方の見直し、検討を進めるなかで長期収載品の処方等又は調剤について選定療養の仕組みの導入が決定されました。


選定療養の対象条件に関しましては、下記表をご参考ください。

尚、長期収載品の選定療養制度の導入に伴い、流通面で皆様に安定供給できる医薬品に関しましては、医療費削減及び患者様負担軽減等の観点から、後発医薬品でのご提供を推奨させて頂きます。

何卒ご理解いただけますと幸いです。

ご不明な点がございましたら、当薬局グループの薬剤師まで直接お問い合わせください。


【本制度の対象となる場⾯】

●院外処⽅・院内処⽅・それを踏まえた調剤時における患者さんの希望による⻑期収載品の選択時(⼊院中の患者さんについては対象外)


● 患者さんに対して⻑期収載品の処⽅等⼜は調剤に関する⼗分な情報提供がなされ、医療機関⼜は薬局との関係において患者さんの⾃由な選択と同意があった場合に限られるものである




Коментари


bottom of page